資産価値が高いのは「これから人が増える」ところ

資産価値は「立地」で決まる。

そして資産価値の高い「立地」は、多数かつ多様な人が集まるところ、と定義しました。

では、資産価値の高いところには、どのような人が集まるのか。具体的な人の見分け方についてご説明しましょう。

まずは、人口について。

資産価値が高いのは、将来に向けて人口が増加するところ

真に資産価値が高い、というのは、今だけでなく、将来に向けても価値が維持・向上することだと思います。それは長い目でみて人口が増え続け、成長する「立地」のことではないでしょうか。

現在の人口絶対数は多いけれど、将来に向けて減り続ければ、先々の資産価値は目減りしていき、それにつれて地価はどんどん下がっていきます。こうした立地は資産価値が高いとはいえません。大阪市がこれにあたります。

現在の人口絶対数は大阪市に比べるとはるかに少ないけれど、これまで増加傾向にあり、この先も増え続ける予測がされていれば、地価は上昇していき、家の資産価値は上がる可能性が大です。つくば市がこれにあたります。

大阪市とつくば市の人口の将来予測を見てみましょう。

2017 2040年
大阪市 270万2242人 232万3928人

(-14%)

つくば市 22万7314人 24万95090人

(+9.8%)

大阪市は繊維産業などを中心にかつては栄えましたが、成長産業への移行の立ち遅れ、東京一極集中の加速、国際化への立ち遅れなどにより地盤沈下が進んでおり、2040年には人口は14%減少すると予測されています。

一方、つくば市は、2005年のつくばエクスプレス開通により、東京・秋葉原まで直結した効果が都市としての成長を後押しし、2040年には9.8%増えると予測されています。

それでは、両市の人口の増減が、資産価値にどう影響するのかを、地価を比較しながら見ていきましょう。

市では広すぎるので、範囲を狭めて大阪市北区(以下北区)と研究学園で比較します。

北区は1990年の地価バブルから82%下落。研究学園は2倍に上昇。

これを見ると、「人口の増加は資産価値を高める、ということがよくわかります。

 

 

1986年 1990年 2015年
大阪市北区 328万9200円 942万5294円 167万9959円
研究学園 3万2500円 4万6500円 9万7120円

では、これから人口が増えるのはどこか?が気になるところです。

人口10万人以上のところに限定すると、次のとおりです。

東京都 練馬区、江東区、新宿区、墨田区、港区、中央区、三鷹市、東村山氏

神奈川県 川崎市、千葉県 成田市、埼玉県 戸田市、吉川市、愛知県 安城市

滋賀県 草津市、沖縄県 沖縄市、うるま市、浦添市

人口減少の日本においては、稀少な上昇地域といえましょう。

(2017年11月14日)

空き家問題の片付け方
 2035年には、3軒に1軒は空き家になるとの予測もされる昨今。とりわけ親の家の空き家は誰もが避けられない問題となっています。 本書は空き家の利活用方法の全容を示し、そのなかから親の家に最も適した方法を絞り込むための手順を解説しています。 更に利活用方法のなかで最も多い、「売る」「貸す」について知っておくと得する基礎知識についてもアドバイスしています。 また、利活用を阻む壁、「相続」「ゴミ屋敷化」「資金不足」を乗り越える方法についても解説しています。 更に親が認知症になってからの対処方法についても、触れています。 2018年8月8日 主婦の友社より発売定価1000円。 空き家問題に悩む方は、ぜひご一読ください。

<strong>(講演予定)</strong>

2018年2月18日午後1時30分~2時30分 大分市「どうする?親の家の空き家問題」

2018年2月19日午前10時~11時 竹田市「どうする?親の家の空き家問題」

<strong>(最近のメディア掲載実績)</strong>
<p style="text-align: left;">2017年11月24日号 週刊朝日「最期まで自宅でひとりを貫くためにするべきこと」</p>
2017年11月10日号 週刊朝日「老化に負けない家事術」

2017年11月号 月刊ビッグ・トゥモロウ「住み続けても人に貸しても資産価値が上がる住居の選び方」
<p style="text-align: left;">2017年10月27日号 週刊朝日 「外しの京都」</p>
<p style="text-align: left;">2016年10月14日号 週刊朝日 実家の持ち家は“ヤバイ”</p>
<p style="text-align: left;">2016年8月13.20合併号週刊ダイヤモンド「実家の大問題」</p>
<p style="text-align: left;">2016年7月23日・30日・8月6日 朝日新聞 be 知っ得なっ得 空家の相続1・2・3</p>
<p style="text-align: left;">2016年7月18日号 週刊住宅 2015年度「首都圏優秀マンション表彰」</p>
<p style="text-align: left;">2016年3月31日 リーフィアな暮らし  マンションライフの魅力を探る</p>
<p style="text-align: left;">2015年6月27日号 週刊ダイヤモンド 「ライフスタイルに合った住まい選び」</p>
<strong>(最近のTV・セミナー・シンポジウム出演)</strong>

2017年10月21日 三菱地所レジデンシャル・住まいカレッジ トークセッション「三菱地所のものづくりのこだわりについて」

2017年3月29日、4月15日 3住み推進研究会主催シンポジウム「変わる家族と住まいのかたち」

2017年2月3日 RJC新春トップセミナー 「どうする?親の家の空家対策」

2017年1月10日 NHKクローズアップ現代「モノ屋敷の実家は宝の山 転売で解決 人生のお片付け」