老化を遅らせる「家事」の習慣

「最期まで自宅」を貫くには、老化を遅らせ老化第二段階(75~84歳がひとつの目安)に踏みとどまることが必要です。そのためには、「家事」「人付き合い」「運動」の3つの習慣のどれかひとつが欠けてもだめ。三位一体で形成していくことが大事です。
また、3つの習慣は若いころからのものとは異なります。老いを生き延びるためには、これまでのやり方を仕切り直し、新たな習慣形成が必要なのです。
では、まず「家事」の習慣形成についてご説明しましょう。

■「家事」の習慣はまず片付けから
生きることは家事をすることです。が、老化第二段階になると、手足が上がらず、物の上げ下げ、重い物の持ち運びが難しくなります。片づけやゴミだしができなくなり、多くの家でゴミ屋敷化が始まるのです。したがって緊急度が高いのは「片付け」です。老化第一段階のうちに片付けを徹底したいものです。片付けを仕切り直すための原理原則は3つ。①すべてのモノに定位置を決める。定位置が確保できないモノは使わないものから優先的に捨てる②使ったら元の位置に戻す。そのへんの床に置きっ放しはしない。③捨ててから買う、買ったら捨てるで、モノを増やさない。これをルール化することで片付けを習慣づけるのです。
ところで、収納スペースは誰もが重視しますが、ゴミ置き場やゴミ箱の配置は軽視されがちです。レジ袋をゴミ箱代わりにしているご家庭は以外に多いのです。仕切り直し片付けは、使わないものはスムーズに家から外へ出す(捨てる)ために、3つのゴミ置き場所の確保は必須です。3つのゴミ置き場所を経由して、3ステップ方式で不用なモノを家の外へ出す習慣を身につけましょう。
①よく使う部屋には、それぞれゴミ箱を置き、それらのゴミ箱にたまったゴミは
②台所にあるゴミ集積場の各分別ゴミ箱に振り分ける。台所には、燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミなどの複数のゴミ箱を置くスペースを確保する
③さらに一戸建ての場合は勝手口の外に台所にあるゴミ箱より大きな各分別ゴミ箱を置き、回収日に備える
こうして家の中にモノが溜まっていくことを防止するのです。

■次に「料理」
人は食べるものでできています。老化第二段階に踏みとどまるための、新たな料理の習慣のための仕切り直し策は3つです。
①手軽な外食に頼らず、1日朝・夕2食、家で作って食べる。
 家で食べることにより、1日単位で栄養バランスをはかる習慣をつけることが何より大切です。これで老化・生活習慣病を防止します。
②料理は外食では絶対的に不足する野菜中心。日本人が慣れ親しんできた、繰り返しに耐える和食を中心とするのが良いだろう。
 野菜の調達のために、事前に献立を考える必要はありません。店先に並ぶ旬の野菜の中から、葉物、根菜、果物など1週間分(朝・夕計14食分)をまとめ買いします。旬のもの  は、おいしく、栄養価も高く、しかも大量に出回るので安くてお得です。毎日同じものでは飽きてしまうのでは?という疑問もあるかもしれませんが、旬の野菜は数か月単位で入れ 替わっていきます。また、同じ種類の野菜・果物であっても、買うたびに味は異なるので、微妙な味の違いが分かるようになり、味覚も鍛えられていくように思います。
 野菜は鮮度が命なので、1週間分の野菜は買った直後に下ごしらえします。面倒なようですが、毎回料理するたびに調理するより、かえってかかる時間は短縮できます。
 蒸す(主に根菜類)、茹でる(主に葉物類)を中心に下ごしらえした野菜は、小分けして味噌汁の具、おひたし、サラダなどの使いまわします。
 下ごしらえにかかる時間は2時間程度。買い出しとあわせると半日。1週間ごとの仕事として生活にはりができます。
③献立は夕食が一汁二菜。ご飯、野菜入り味噌汁、野菜料理、加えて魚の組み合わせ。朝食は一汁一菜。ご飯、野菜の具たくさん味噌汁、加えて卵、納豆など。
 いずれも野菜や魚の種類を変えれば飽きることはありません。たとえば、野菜のおひたしでも、昨日がホウレンソウ、今日は春菊というように。
 また献立を固定すると、手間がかからず料理への意欲が低下する老化第二段階においても料理の習慣が維持しやすいという利点がります。この段階に入ると出歩く範囲が狭まり生活 が縮小し、刺激の少ない単調な暮らしに陥ってしまいます。そうしたなか食は暮らしに変化をもたらし、生活に張りをもたせる有効な手段となるでしょう。

最期は「掃除」
掃除は家庭内体育へと仕切り直しましょう。1日20分程度の中強度運動を続けることで、長寿遺伝子のスイッチが入ることが実証されています(スウェーデン・カロリン研究所)。掃除で中強度の運動に匹敵するのは、床拭き、モップ・掃除機かけ、風呂掃除、庭の草むしり、家具の移動など(厚生労働省「身体活動のエクササイズ表」)。敬遠しがちな掃除の部類ですが、ウォーキングなどの運動と組み合わせることで、身体機能を老化第二段階に踏みとどまらせましょう。それでもいずれ老化第三段階に入り外出できなくなったとき、掃除の習慣が維持できていれば、体力に応じて、掃除機かけなどをやることで、体力、生活の質の維持の最後の砦となるのです。
(2017年12月30日)

『最期まで自宅』で暮らす60代からの覚悟と準備
 最期まで自宅で暮らすことを望む人は多数いますが、実際には日本人の1割しか、その望みを果たせていません。
では、どうすればよいのでしょうか?
本書は、まず自宅暮らしができなくなる自立限界点に達するまでの、老化の進行段階を解明しています。そのうえで、自立限界点の手前で踏みとどまるための実践方法を、4つ提案しています。
①何としても自立限界点を超えない覚悟をする
②3つの習慣「家事」「人付き合い」「運動」を実践する
③便利で安全に暮らすために早めに住まいを変える
④地域のつながり、身近な行政を自分の味方につける
自分の老いを直視しながら、自分らしく自立した暮らしを長く続けたい方にとって、役に立つ実用的な内容になっています。
2020年1月20日発行 主婦の友社 定価1500円

<strong>(講演予定)</strong>

2018年2月18日午後1時30分~2時30分 大分市「どうする?親の家の空き家問題」

2018年2月19日午前10時~11時 竹田市「どうする?親の家の空き家問題」

<strong>(最近のメディア掲載実績)</strong>

2021年2月12日号 週刊現代「安易に家を売って、」知らない土地に行かないほうがいい」

2020年10月23日号 週刊朝日 「空き家の守り方」

2020年4月2日号 女性セブン 「60才を過ぎたら住み慣れた自宅を売ってはいけない」

2020年2月22・29日号 週刊現代「最後まで自宅を売ってはいけない」

2020年2月14日号 週刊朝日 「コスパで選ぶ『終の棲家』

2019年11月23日 NIKKEIプラス 「暮らし探検隊 空き家の片付け手伝ってみた」

2019年4月5日号  週刊朝日 「高齢者でもはじめられる元を取るリフォーム術」

2019年2月号  ハレヤカ 「最後まで自宅でひとり」を貫くための住まいと暮らし

第3回

2019年1月29日号 住宅新報 「ひとり暮らしを創造する下 親が60歳台から家族で片付け」

2019年1月22日号 住宅新報 「ひとり暮らしを創造する中 『家事』『人付き合い』『運動』を促す家に」

2019年1月15日号 住宅新報 「ひとり暮らしを創造する上 良質なコミュニティで “自由”を謳歌」

2018年12月20日 夕刊フジ 「定年後難民にならない生き方 空き家になった親の家 どうする」

2018年11月号 エクラ 「夫の定年 人生どう変わる? 住まい編」

2018年12月号 ハレヤカ「最後まで自宅でひとり」を貫くための住まいと暮らし

第2回

2018年10月号 ハレヤカ 「最後まで自宅でひとり」を貫くための住まいと暮らし

第1回

2017年夏号  マンションスタイル 「資産活用研究所 『これから賃貸を考える人が知っておきたいこととは?』」
<p style="text-align: left;">2017年11月24日号 週刊朝日「最期まで自宅でひとりを貫くためにするべきこと」</p>
2017年11月10日号 週刊朝日「老化に負けない家事術」

2017年11月号 月刊ビッグ・トゥモロウ「住み続けても人に貸しても資産価値が上がる住居の選び方」
<p style="text-align: left;">2017年10月27日号 週刊朝日 「外しの京都」</p>
<p style="text-align: left;">2016年10月14日号 週刊朝日 実家の持ち家は“ヤバイ”</p>
<p style="text-align: left;">2016年8月13.20合併号週刊ダイヤモンド「実家の大問題」</p>
<p style="text-align: left;">2016年7月23日・30日・8月6日 朝日新聞 be 知っ得なっ得 空家の相続1・2・3</p>
<p style="text-align: left;">2016年7月18日号 週刊住宅 2015年度「首都圏優秀マンション表彰」</p>
<p style="text-align: left;">2016年3月31日 リーフィアな暮らし  マンションライフの魅力を探る</p>
<p style="text-align: left;">2015年6月27日号 週刊ダイヤモンド 「ライフスタイルに合った住まい選び」</p>
<strong>(最近のTV・セミナー・シンポジウム出演)</strong>

2017年10月21日 三菱地所レジデンシャル・住まいカレッジ トークセッション「三菱地所のものづくりのこだわりについて」

2017年3月29日、4月15日 3住み推進研究会主催シンポジウム「変わる家族と住まいのかたち」

2017年2月3日 RJC新春トップセミナー 「どうする?親の家の空家対策」

2017年1月10日 NHKクローズアップ現代「モノ屋敷の実家は宝の山 転売で解決 人生のお片付け」