空き家対策の選択肢は4つ

誰も住まなくなった親の家。すぐに処分するのは世間体が悪い、何より実家がなくなるのは寂しい等々。色々な思いが錯綜して、ずるずると空き家のまま。気持ちは良く分かります。
でも、親の家は大事な社会資源という面を持っています。そこで親のをは手放すのではなく、次の世代にバトンタッチして有効に活用してもらう。と発想の転換してみてはいかがでしょうか。家を必要とする若い家族に住んでもらい、幸せに暮らしてもらうことで、親も家も浮かばれるというものです。

では、どのような利活用の方法があるのでしょうか。
主に4つの選択肢があげられます。
1、自分で使う 自宅、別荘、倉庫
 子が今まで住んでいた自宅を処分して、親の家に移り住む。子の自宅に住み続けながら、親の家を別荘として使う。モノを置く倉庫として使う。
2、「使わない」  ①売る ②貸す ③持っているだけ
①売る
住まない家はどんどん傷むので、できるだけ早く売る。築20年超の一戸建ては、建物の評価が0ということもある。相当手をいれなければ住めない古い家は中古住宅ではなく「古家付き土地」あるいは、建物を取り壊して「土地」として売ることも。
②貸す 
・「借家」 借家として人に貸す。ただし、築15年超の家の水回り設備(台所、洗面所、浴室)は交換する必要がある。また床・壁の張り替え、建具の入れ替えなどが必要なこと 
 も。こうしたリフォームには約150万円の費用がかかり、賃料で回収することができないケースも多い
・「更地」 建物を取り壊して更地にする。駐車場、資材置き場、貸農園などなるべく手のかからない方法で貸す
・「アパート・マンション・オフィス経営」 人が多く集まる好立地であることが必須条件。建物の建設資金は高額になるため、銀行からの借入など資金調達力が必要。また、不動産  ビジネスについての知見がなければ、経営は難しい
③「持っているだけ」 自分では使わないけれど、他の人とに売る、貸すなど世間体が悪いので、単に空き家として保有しておく。空き家といえども、持ち主には保全の義務が伴う。周 囲の環境を悪化しないよう、維持・管理のために固定資産税を含め約50万円の費用がかかる
3、寄付する
 自治体は主に道路など公共的利用が可能な土地の寄付しか受けないので、可能性は低い
4、相続放棄
  親の家の相続を放棄する場合、現金など他の遺産の相続も放棄しなければならない。加えて他の相続人の承諾も必要。

これらの選択肢を比較検討すると、不動産の知識がない素人にとって、一番スムースな選択肢は「売る」ではないでしょうか?
ただし、これはあくまでも一般的な選択肢です。親の家の立地、広さ等々、親の家の概要により、現実的な選択肢は絞られてきます。
次回は、親の家の不動産としての価値を整理しつつ、より具体的な利活用方法の絞り込み方についてご説明します。
*図は不動産ジャパンより転載
(2018年1月13日)

空き家問題の片付け方
 2035年には、3軒に1軒は空き家になるとの予測もされる昨今。とりわけ親の家の空き家は誰もが避けられない問題となっています。 本書は空き家の利活用方法の全容を示し、そのなかから親の家に最も適した方法を絞り込むための手順を解説しています。 更に利活用方法のなかで最も多い、「売る」「貸す」について知っておくと得する基礎知識についてもアドバイスしています。 また、利活用を阻む壁、「相続」「ゴミ屋敷化」「資金不足」を乗り越える方法についても解説しています。 更に親が認知症になってからの対処方法についても、触れています。 2018年8月8日 主婦の友社より発売定価1000円。 空き家問題に悩む方は、ぜひご一読ください。

<strong>(講演予定)</strong>

2018年2月18日午後1時30分~2時30分 大分市「どうする?親の家の空き家問題」

2018年2月19日午前10時~11時 竹田市「どうする?親の家の空き家問題」

<strong>(最近のメディア掲載実績)</strong>
<p style="text-align: left;">2017年11月24日号 週刊朝日「最期まで自宅でひとりを貫くためにするべきこと」</p>
2017年11月10日号 週刊朝日「老化に負けない家事術」

2017年11月号 月刊ビッグ・トゥモロウ「住み続けても人に貸しても資産価値が上がる住居の選び方」
<p style="text-align: left;">2017年10月27日号 週刊朝日 「外しの京都」</p>
<p style="text-align: left;">2016年10月14日号 週刊朝日 実家の持ち家は“ヤバイ”</p>
<p style="text-align: left;">2016年8月13.20合併号週刊ダイヤモンド「実家の大問題」</p>
<p style="text-align: left;">2016年7月23日・30日・8月6日 朝日新聞 be 知っ得なっ得 空家の相続1・2・3</p>
<p style="text-align: left;">2016年7月18日号 週刊住宅 2015年度「首都圏優秀マンション表彰」</p>
<p style="text-align: left;">2016年3月31日 リーフィアな暮らし  マンションライフの魅力を探る</p>
<p style="text-align: left;">2015年6月27日号 週刊ダイヤモンド 「ライフスタイルに合った住まい選び」</p>
<strong>(最近のTV・セミナー・シンポジウム出演)</strong>

2017年10月21日 三菱地所レジデンシャル・住まいカレッジ トークセッション「三菱地所のものづくりのこだわりについて」

2017年3月29日、4月15日 3住み推進研究会主催シンポジウム「変わる家族と住まいのかたち」

2017年2月3日 RJC新春トップセミナー 「どうする?親の家の空家対策」

2017年1月10日 NHKクローズアップ現代「モノ屋敷の実家は宝の山 転売で解決 人生のお片付け」