老後破産を招くのは「病気」と「介護」

人生100年時代。老後破産を心配する方が増えています

まず気になるのは生活費です。

定年が延長されるなか、70歳まで働き続けて得た蓄えと年金で、老後30年間の暮らしがまかなえるのか、誰しもが不安に思っています。

 

夫婦2人にかかる30年間の生活費は1億80万円

世帯主が70歳以上の、世帯平均貯蓄額は2389万円(平成29年版高齢社会白書)です。また夫婦二人の年金額の平均は1カ月当たり約22万円(厚労省が発表しているモデル世帯における29年度の年金額)。いっぽう、実際にかかる生活費は1か月あたり28万円(「家計の金融行動に関する世論調査(平成29年)」のアンケート回答より)。

とすると、夫婦(同じ年齢として計算)が自宅で病気もせず、介護も受けずに、元気に暮らしているとすれば、100歳までの30年間にかかる生活費総額は1億80万円。年金総額は7920万円ですから、年金では賄えない赤字分の2160万円を貯蓄から取り崩していくことになります。30年後の貯蓄残高は、220万円。ぎりぎりセーフです。

が、現実には、100歳まで病気も介護も不要で暮らせる方は稀でしょう。いずれ、夫(妻)が、病気になって入院する、介護が必要になり施設へ入所するなど、暮らしに大きな変化が訪れます。治療費や入所費用が加われば、たちまち生活費は大幅に上昇し、老後破産に直面することになります。

老後破産を招くのは病気と介護

参考までに、必要な介護費用をシミュレーションしてみましょう。

東京都のデータによると要介護2になるのは男性82.5歳、女性は85.6歳。要介護2からの平均余命は80歳とすると男性6年、女性8年程度となります。

夫が82歳で要介護2になり民間施設へ入所したと想定します。施設は月額25万円かかります。妻は自宅で生活するので、別に月15万円ほどの生活費がかかる(家計調査より)ので、元気なうち28万円で済んだ生活費が40万円に増えます。

そしてこの妻も、86歳で要介護2となり同じように介護施設に入所すると生活費は月額50万円に跳ね上がります。

夫が施設に入って6年後に死亡すると、妻がもらえる遺族年金の額は約15万円程度に下がってしまいます。そして8年後に亡くなったとすると、かかる生活費は次のようになります。

*計算を分かりやすくするために、夫と妻は同じ年齢、夫82歳入所、88歳死亡。妻86歳入所、94歳死亡とします。

1、かかる生活費 9000万円

・夫婦が元気に自宅暮らし(70歳~81歳) 28万円×12か月×12年=3600万円

・夫が要介護2で施設、妻は自宅暮らし(82~86歳)(25万円+15万円)×12か月×5年=2400万円

・夫も妻も施設暮らし(87~88歳)50万円×12×2年=1200万円

・夫死亡、妻は施設暮らし(89~94歳)25万円×12か月×6年=1800万円

・合計9000万円

2、年金収入 6132万円

・70~88歳 22万円×12か月×19年=5016万円

・夫死亡 89~94歳 15万円×12か月×6年=1080万円

・合計 6096万円

3、預貯金 2389万円

4、収支 -479万円

2+3-4=6096万円+2389万円-9000万円=-515万円

このように収支はマイナスとなります。このシミュレーションでは、病気による治療費支出は計上していないので、現実にはより赤字は膨らむことが予想されます。

老後破産の危険は、実は病気や介護の問題につきるようです。

では、病気や介護の問題はどうすれば解決できるのでしょうか?

最期まで自宅を貫けば老後破産は避けられる

私は、最期まで自宅で暮すという覚悟を決め、そのために50代、60代から準備する。準備とは家事、人付き合い、運動の3つの習慣形成です。こちらについては私のコラムのバックナンバーをご覧ください。

3つの習慣を実践することにより、心身機能の低下をできるだけ遅らせ、病気にかからない、介護を必要としない暮らしを持続させることができます。そうすれば、治療費、入所費がかさむことはありません。また70代以上の持ち家率は80%を超えているので、自宅で暮しつづけている限りは、多くの人は住居費がかからないでしょう。

3つの習慣を実践することで、最期まで自立して自宅で暮らすことこそが、老後破産を防ぐ最も効果的な対策だと考えます。

2018年7月31日

 

 

 

空き家問題の片付け方
 2035年には、3軒に1軒は空き家になるとの予測もされる昨今。とりわけ親の家の空き家は誰もが避けられない問題となっています。 本書は空き家の利活用方法の全容を示し、そのなかから親の家に最も適した方法を絞り込むための手順を解説しています。 更に利活用方法のなかで最も多い、「売る」「貸す」について知っておくと得する基礎知識についてもアドバイスしています。 また、利活用を阻む壁、「相続」「ゴミ屋敷化」「資金不足」を乗り越える方法についても解説しています。 更に親が認知症になってからの対処方法についても、触れています。 2018年8月8日 主婦の友社より発売定価1000円。 空き家問題に悩む方は、ぜひご一読ください。

<strong>(講演予定)</strong>

2018年2月18日午後1時30分~2時30分 大分市「どうする?親の家の空き家問題」

2018年2月19日午前10時~11時 竹田市「どうする?親の家の空き家問題」

<strong>(最近のメディア掲載実績)</strong>
<p style="text-align: left;">2017年11月24日号 週刊朝日「最期まで自宅でひとりを貫くためにするべきこと」</p>
2017年11月10日号 週刊朝日「老化に負けない家事術」

2017年11月号 月刊ビッグ・トゥモロウ「住み続けても人に貸しても資産価値が上がる住居の選び方」
<p style="text-align: left;">2017年10月27日号 週刊朝日 「外しの京都」</p>
<p style="text-align: left;">2016年10月14日号 週刊朝日 実家の持ち家は“ヤバイ”</p>
<p style="text-align: left;">2016年8月13.20合併号週刊ダイヤモンド「実家の大問題」</p>
<p style="text-align: left;">2016年7月23日・30日・8月6日 朝日新聞 be 知っ得なっ得 空家の相続1・2・3</p>
<p style="text-align: left;">2016年7月18日号 週刊住宅 2015年度「首都圏優秀マンション表彰」</p>
<p style="text-align: left;">2016年3月31日 リーフィアな暮らし  マンションライフの魅力を探る</p>
<p style="text-align: left;">2015年6月27日号 週刊ダイヤモンド 「ライフスタイルに合った住まい選び」</p>
<strong>(最近のTV・セミナー・シンポジウム出演)</strong>

2017年10月21日 三菱地所レジデンシャル・住まいカレッジ トークセッション「三菱地所のものづくりのこだわりについて」

2017年3月29日、4月15日 3住み推進研究会主催シンポジウム「変わる家族と住まいのかたち」

2017年2月3日 RJC新春トップセミナー 「どうする?親の家の空家対策」

2017年1月10日 NHKクローズアップ現代「モノ屋敷の実家は宝の山 転売で解決 人生のお片付け」